読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系女子がIT業界を目指すブログ(仮)

内定を頂くまでの仮のブログ名。

私がIT業界を目指す理由

 

明けましておめでとうございます。

昨年は進路について考えながらもまだ学生気分だったので、年が明けて就活が迫ってきているという恐怖もあり、就活の準備をしなければという焦りも感じます。

今回は、なぜ文系の私がIT業界を目指しているのかについて書いていきます。 

 

IT業界を志望する理由

 

一言でいうと、「プログラミングを用いてモノ作りを行うこと」に興味を持ったから。

大学で他学科のプログラミング授業を受ける機会があり、呪文のような文字列など動く仕組みはよくわかっていないものの、その呪文のような文字列でプログラムが動くという面白さに感動しました。

 

IT業界にもいくつか種類がありますが、私はソフトウェア開発やweb開発など開発職(プログラマーシステムエンジニア)で、働きながら・勉強会に行ったりしてプログラミングスキルを身につけ、手に職をつけたいと思っています。もちろん、現在もプログラミングの勉強をしてます。

 

文系でもIT業界でやっている人は多いなどとネットで見かけますが、

私も実際にIT企業へ1dayインターンシップの業界研究をしに行った際、「文系も多く採用している企業は多い」「2~3年も仕事をすれば文理は関係なくなる」とのお話を聞き、文系にも可能性があることを知りました。 

 

でも!

 

文系が実際に開発職に配属されるかは不明で、配属後プログラムに全く触れたことがないという文系の方や、研修後もプログラムが理解できなくてすぐ辞めてしまう、などといった壁はあるようです。

特に、開発職希望なのに希望通りに配属されないのはつらいですね。そういった面で言うと文系は不利なのかな・・・と思います。

 

そもそも、IT業界に自体ブラックなイメージを持たれている方が多いですが、そこは企業によって違うでしょうし、開発職や専門的な職業はそもそも就業時間が長く、納期前やプロジェクトによって残業は当たり前。 

私自身も大変な職種だということは覚悟していますが、ただすべてのIT企業がそうとは限らないだろう・・・それを信じてIT業界を志すことにしました。

とはいえ、さすがにブラックすぎる企業はもちろん嫌なので企業研究で見極めるのは大事ですね。(プライベート重視人間なので) 

 

別の理由で言うと、私は話すことが得意ではないので「営業職」というお話し専門の仕事に抵抗はありますが、開発職など開発のためにお客様とお話ししたり、お客様の要望を聞き出すことであればやりたい、というわがままな思いもあります(笑)

 

「開発職は話さなくていい」と勘違いしている方もいるようですが、お客様と話したくないから開発職を選ぶのは間違いで、むしろ開発において仲間やお客様とコミュニケーションをとることは必須。開発を通してコミュニケーション力を鍛えていけたらいいなと思います。

 

以上、私がIT業界を目指す理由を簡単にですが書いてまいりました。

 IT業界に入って大変な経験をされている方には、今回の内容は「夢見すぎ」と思われるかもしれません・・・(?)

 

現在、就活の準備や資格の勉強の傍ら、独学でプログラミングに触れていますがイマイチ分かってない状態です。C言語がほんのちょっとかけるくらいの入門レベル・・・

ネットで気軽にプログラミングを学べる時代なので、そこは本当に助かっています。

 

今は冬休みですが、IT業界は選考が早いと聞いているのでのんびりしすぎず、企業研究を行って志望企業を絞っていく予定です。調べていくうちに疑問に思ったことなどをメモとして書いていくかもしれないです。

それでは、よいお正月を~。